中部地方のダム 愛知県のダム

0000-明治用水頭首工/めいじようすいとうしゅこう

2010/10/26

クルマのマチの農業用水のための取水施設

所在地:愛知県豊田市水源町

右岸より天端を望む

頭首工とは農業用水のための取水施設のことを言い、さらに明治用水頭首工は堤高が14.5mなので、厳密な意味(河川法で定義された)での「ダム」ではありませんが、載せようと思いました。

明治用水頭首工へは国道248号線トヨタ町交差点を東に進み、平山町交差点を右折して真っ直ぐです。天端は水源橋として自動車の通行が可能ですが、矢作川の左岸道路からだと進入禁止(逆一通)になるので、自動車の場合は右岸より進入してください。しかもこの天端道路、結構狭いです。脇見すると欄干に激突するかも・・・。

右岸下流側より堤体を望む

洪水吐にローラーゲートが7門、土砂吐に同じくローラーゲートが4門、付帯施設の取水工にスルースゲートが計6門、予備として洪水吐にフローティングゲートが、土砂吐に角落としゲートが各1門あります。

右岸下流側より堤体を望む

魚道もあり、シーズン中はアユが遡上しているんだそうです。しかもアユが魚道を通るのを豊田市の職員が左岸でテントを張り、カウンターを使って毎日数えているんだそうです。取材後に知ったので、お会いすることはできませんでしたが、公務員さんも大変です。

ダム諸元


形式 重力式コンクリートダム
目的 農業用水?
堤高 14.5m
堤頂長 167.3m
堤長幅 8.5m
河川名 矢作川水系矢作川
着手年 1950年
竣工年 1958年

その他の設備/所感

駐車場 頭首工の近くは水源公園という大規模な公園になっています。桜の名所として有名です。夜にはライトアップされていた気がします。
トイレ
公園
PR展示館 ×

-中部地方のダム, 愛知県のダム
-,