中部地方のダム 長野県のダム

1022-水殿ダム/みどのだむ

2010/09/10

梓川3兄弟の次男坊。水殿ダム

所在地:長野県松本市安曇字栃沢

堤体の銘版

堤体の銘版

「2003年突発的元旦ダム巡り」の第4弾は水殿ダムです。当然と言えば、当然の流れでしょうね。梓川3兄弟の次男坊で、稲核ダムと奈川渡ダムの間に位置します。なので国道158号線沿いにあります。また、近くには道の駅「風穴の里」があります。山奥になるにつれてご覧の通り、積雪量が増えてきます。

右岸より堤体(下流側)を望む

右岸より堤体(下流側)を望む

やっぱりアーチ式はこれでなくっちゃ!と大きさを実感。雪に映えるアーチダムはとても美しいです。ちなみに堤体直下には発電施設があります。左岸にはダム建設の際の遺構も見えます。

天端より導流部を望む

天端より導流部を望む

洪水吐の導流部が滑り台のようにスロープ上になっています。まるでスキーのジャンプ台のようです。奥はダム湖。この先に稲核ダムがあります。

この写真下に見えるのはラジアルゲートです。2門あります。

天端よりダム湖を望む

天端よりダム湖を望む

夕方近く西陽が逆光になってしまいました。この奥に奈川渡ダムがあります。

謎のトンネル

謎のトンネル

監査廊?と思ったら、手前の看板に「電気を付けたら切ってください」と書かれており、だれでも通れるみたいです。ですが、地図を見る限りどう考えても堤体へと続いていないようです。さらにこのトンネルの左手を見ると橋があり、そこへと続いているようでした。多分猟師や林業関係者用のトンネルではないかと思われます。何のためのトンネルか、関係者がいたので聞こうとしたら、いつの間にかどこかに行ってしまって、聞くことは叶いませんでした。また小心者なので、このトンネルに入ることも躊躇ってしまいました。結局なんなのか解らずじまいです。

巨大なクレーン

巨大なクレーン

いろいろダムを見て回っていますが、こんなに大きいクレーンは、はじめて見た気がします。天端までレールが引かれているので、可動式だということがわかります。ただ天端のレールは厚い雪で埋もれていたので、冬の間は動かないのかも。

左岸より導流部を望む

左岸より導流部を望む

雪とコンクリートが同化してしまって、ちょっと見難いですね。滑り台の下をくぐるようにして作られた道があります。洪水吐から放流されることがあるなら、ぜひここから見てみたいです。

左岸より堤体下流側を望む

左岸より堤体下流側を望む

今回ダムを撮影した写真の中でも結構お気に入りの写真です。使い捨てカメラで撮影したのですが、意外と綺麗に撮れるものですね。もちろんスキャナで取り込んだ段階で、処理を施してはいますが。

ダム諸元


形式 アーチ式コンクリートダム
目的 発電
堤高 95.5m
堤頂長 343.3m
堤長幅 7m
堤体積 301,000m3


流域面積 431km2
湛水面積 57ha
総貯水容量 15,100,000m3
有効貯水容量 4,000,000m3
河川名 信濃川水系梓川
着手年 1965年
竣工年 1970年

その他の設備/所感

駐車場 山奥まで来ると、冬季閉鎖されているトイレも多いのですが、ここはちゃんと開いていました。駐車場も広いです。
トイレ
公園
PR展示館 ×

-中部地方のダム, 長野県のダム
-,