タ行 ダム入門 ダム用語

テレメータ

2012/10/10

読み方 : テレメータ
別名 : ―

テレメータとは、【telemeter】遠方から電気信号として送られてきた測定量を解読し、指示あるいは記録する装置(新辞林 三省堂より)。ダムのテレメータは主に雨量計や水位計の測定データを管理事務所に転送している。

その測定データを元に、各種ゲート操作や各種警報に用いられる。また、最近ではその測定データをインターネットで配信するケースも多々見られる。

通信方式としては、無線のものや有線のものなど様々。有線の場合は、光ファイバーによって通信されている事もある。また、一部のプロトコルにインターネットでおなじみのTCP/IPが用いられるケースもある。

-タ行, ダム入門, ダム用語