ダムニュース

【速報】日本ダムアワード2015結果発表!

2016/12/18

「日本ダムアワード2015」が東京お台場のカルチャーカルチャー にて12月26日(土)開催され、放流賞・低水管理賞・イベント賞・洪水調節賞・ダム大賞の各賞が発表された。

今回は日本テレビ系列朝の情報番組「スッキリ!」の取材も入り、番組のお天気キャスターでもある藤富郷氏も参加した。イベントの模様は番組内でも放送予定とのことだ。

まずは各賞のノミネートを紹介しよう。

■放流賞

1.下久保ダム(群馬県/埼玉県)
クレストからの点検放流が行われ、イベントとして盛り上がった。

2.川治ダム(栃木県)
クレストから点検放流が行われ、キャットウォークからも放流が見学できた。

3.川俣ダム(栃木県)
4.湯田ダム(岩手県)
5.真名川ダム(福井県)
6.内海ダム(香川県)
試験湛水時の試験放流が行われた。

7.切目川ダム(和歌山県)
試験湛水時の試験放流が行われた。その時の様子を搭載と管理人が収録した動画が会場に流された。

8.黒又ダム(新潟県)

■低水管理賞

1.目屋ダム(青森県)
2.釜房ダム(宮城県)
3.鳴子ダム(宮城県)
4.白川ダム(山形県)
5.胆沢ダム(岩手県)
6.草木ダム(群馬県)

■イベント賞

1.矢木沢ダム・奈良俣ダム冬季見学会(群馬県)
2.三浦ダム・王滝川ダム見学会(長野県)
3・七ヶ宿ダム見学会(宮城県)
4.十勝ダム30周年記念行事(北海道)

■洪水調節賞

1.七川ダム(和歌山県)
2.鬼怒川4ダム(五十里ダム・川治ダム・川俣ダム・湯西川ダム)(栃木県)
3.池原ダム(奈良県)
4.釜房ダム(宮城県)

■結果発表

放流賞(大雨と最も印象的な戦いをしたダムは!?):湯田ダム(岩手県)
2年連続の試験放流が功を奏したようだ。

低水管理賞(もっとも渇水に耐えた印象が強いダムは!?):目屋ダム(青森県)
津軽ダムに移行する直前に「ラストバトル」として渇水と戦ったダムだった。

イベント賞(ダムファンが歓喜したイベントを開催したダムは!?):七ヶ宿ダム(宮城県)
愛好家からの要望を聞いて、パワーアップした特別見学会が受賞の要因だったようだ。

洪水調節賞(大雨と最も印象的な戦いをしたダムは!?):七川ダム(和歌山県)
台風による洪水調節が印象的だったようだ。

2015ダム大賞(今年最も人々の記憶に残ったダムは!?):鬼怒川4ダム(栃木県)

今年は鬼怒川堤防決壊のニュースがセンセーショナルに報じられ、あれだけの被害が出てしまったが、上流でダムがギリギリの戦いをしたことにより、最小限の被害にとどめたことがとても印象に残ったようだ。

各賞を受賞したダム(組織)には心からおめでとうを言いたい。また、ぜひこれらのダムに訪問して受賞を祝っていただきたい。

主催した萩原さん他、プレゼンターのみなさんもお疲れ様でした。ありがとうございました。

なお、今年より公式ホームページが開設されており、これまでの受賞歴なども確認できるようになっている。
日本ダムアワード公式ホームページ

実際の映像(Ustream)

-ダムニュース