「 W(上水道用水) 」 一覧

1130-徳山ダム/とくやまだむ

九州の川辺川ダムと並び建設の是非を問われるダムのひとつです。実際に取材すると意外と工事は進んでおり、完成後の堤体の姿が想像できるようにまでなっていました。完成すれば、総貯水容量は日本一、堤高は第3位、堤体積は第2位、湛水面積は第3位になります。/ ロックフィル / 161m

1204-馬ヶ城ダム/うまがじょうだむ

ダム便覧を見ていると、瀬戸市に市営のダムがあることを発見。しかも某マスターが行けなかったと聞きつけ、走りなれた道をすっ飛ばし、行ってきました馬ヶ城ダム。愛・地球博にダムバージョンがあって、私が博覧会協会会長ならここを万博会場にするだろうと思われるダムでもあります。/ 重力式コンクリート / 16.6m

3126-木瀬ダム/きせだむ

比較的新しいダムなのと、「地域に開かれたダム」となっているので基本的な設備が整っています。小さなダムなので個人的にあまり期待していませんでしたが、バーベキューパーティや釣りを楽しむには、良いスポットだと思われます。/ 重力式コンクリート / 33m

1235-大島ダム/おおしまだむ

ダムそのものよりも現地の人との交流があったことが貴重な経験であったと言うべきでしょう。ダム取材をして写真を撮っていると、記念撮影的な撮り方ではないので、大抵は怪しい視線だったりするのですが、話しかけられたということは今まで一度も無かったので、良い経験になりました。ダムは人と人との接点にもなる・・・そう思った今回の取材でした。/ 重力式コンクリート / 69.4m

1219-宇連ダム/うれだむ

国道151号線を走らせ県道424号線へ入ります。たしか途中看板があると思うので大丈夫でしょう。近くに奇岩巨石の名勝「乳岩峡」があったりするので、ダム自体も観光地として訪れる人も多いです。/ 重力式コンクリート / 65m

3042-雨山ダム/あめやまだむ

設備は標準的ですが、すごく閑散としています。アクセス路が充実していない上に、地図によっては載っていなかったり、全然目立った存在ではないです。三河地方の隠れキャラ的存在ですね。/ 重力式コンクリート / 21.5m

1024-松川ダム/まつかわだむ

天竜川水系特有の堆砂問題は、この松川ダムにもあります。現在、松川ダム再開発事業を行っています。松川ダムに続く道の途中にはそこかしこに、その看板がありました。/ 重力式コンクリート / 84.3m

1017-裾花ダム/すそはなだむ

季節は2月。思いっきり真冬です。私の好きな冬ダムですが、道路はあちこちで雪崩が起きていたり、ダムサイトや天端も完全に凍結していまして、危険な雰囲気も醸し出していました。クレスト部に3門のラジアルゲートが見えます。/ アーチ / 83m

1035-味噌川ダム/みそがわだむ

木曽川の上流なので、「未だ曽にならず」、つまり「未だ木曽川になっていない」ことから「味噌川」と名づけられたのだそうです。 / ロックフィル / 140m

1034-箕輪ダム/みのわだむ

「突発的元旦ダム巡り」の最初を飾るダム。元々はスノードライブを楽しもう!ということで、ひたすら北上を続けていたのですが、「ダム」の文字を見ると勝手に向かってました。/ 重力式コンクリート / 72m

3321-牧尾ダム/まきおだむ

私のホームゲレンデが近くにあり、霊峰御嶽山麓にあるダム。愛知用水の水源であり、愛知の水がめ。/ ロックフィル / 104.5m

1032-大町ダム/おおまちだむ

黒部ダムへのアプローチ「扇沢」の直前にあるダム。この辺りは観光地化されているので、見どころがいっぱいあります。大町ダムも「見せる」ダムなのですが、訪れる人は雨だったせいもあるかもしれませんが、比較的少ないです。/ 重力式コンクリートダム / 107m

1031-内村ダム/うちむらだむ

鹿教湯(かけゆ)温泉の近くに位置するダム。内村ダムは黒部ダム取材時、宿泊地を湯治場で有名な鹿教湯(かけゆ)温泉にしたのですが、その近くにあります。天気があまり良くなかったからかもしれませんが、えらく暗い印象を受けました。なんだか「何か」が「出そう」な雰囲気・・・。/ 重力式コンクリートダム / 51.3m

0975-深城ダム/ふかしろだむ

厚い人情と蜂に出逢えるダム。深城ダム。

1178-長島ダム/ながしまだむ

国家直轄の白亜の居城は地域に開放された!長島ダムは「地域に開かれたダム」として、一般的なダムと比べ、より開放的なダムとなっています。長島ダムの名前は知っていたのですが、あまり前もって調べていなかったので、これほど見どころ満載なダムだとは思いもよりませんでした。見学する時は、時間に余裕を持った方が良いです。/ 重力式コンクリートダム / 109m

1174-船明ダム/ふなぎらだむ

堤体周辺が運動公園に。小さなダムですが、気のあった仲間や家族でピクニックと言うのも良いでしょう。暴れ天竜の最下流発電ダム。/ 重力式コンクリートダム / 24.5m

1163-秋葉ダム/あきはだむ

下流に吊り橋があり、橋上から真正面に見据えることができる天竜川の発電ダム。このダムの読みですが、電源開発の関係者の方でも「あきは」と読む方もいらっしゃれば、「あきば」と濁って発音される方もいらっしゃり、どちらが本当か・・・。日本ダム協会のダム便覧では「あきは」になっています。まぁ、「あきは」にしておきましょう。/ 重力式コンクリートダム / 89m

0870-境川ダム/さかいがわだむ

トンネルを抜けるとそこはダムだった。ダムはトンネルを抜けるといきなり見えるので、なかなか壮観です。比較的新しいダムなので、周辺もしっかりと整備されておりドライブにはもってこいの場所です。/ 重力式コンクリートダム / 115m

0920-手取川ダム/てどりがわだむ

施設充実の国内有数ロックフィルダム。今回の取材では金沢より国道157号線を利用して到着しました。ダムの近辺は白山スーパー林道など観光地が豊かなので、ダムも観光地化しておりドライブイン的要素も兼ね備えています。/ ロックフィルダム / 153m

0697-相模ダム/さがみだむ

関東地区きってのレジャースポット、相模湖にあるダムです。そのため周辺道路はすごく賑わっていました。なのに、堤体周辺は極めて閑散としていて、うらぶれた雰囲気さえありました。堤体周辺にいたのは、私たちと釣りをしている少年たちだけでした。 / 重力式コンクリートダム / 58.4m

3243-宮ヶ瀬副ダム(石小屋ダム)/みやがせふくだむ(いしごやだむ)

宮ヶ瀬ダムの敷地内にあり、宮ヶ瀬ダムを見学すれば自然と見学する事になります。ただの副ダムではありません。発電所の逆調整池、上水道のための水位確保、宮ヶ瀬ダムからの放流水減勢、更には発電までするパーフェクトなダムです。もうこれは副ダムだからと一蹴すべき存在ではありません。超立派に働くダムなのです。/ 重力式コンクリートダム / 34.5m

0696-沼本ダム/ぬまもとだむ

城山ダムによって堰き止められた津久井湖が水位上昇すると、堤体が沈んでしまうという幻のダム。草木で覆われてしまって殆ど見えませんが、実際に水没しているのがわかりました。堤高が25.5mのはずなのに、ぜんぜん高さを感じさせません。また堤頂長も126mもあるはずなのに、長さも感じさせません。 / 25.5m / 重力式コンクリート

0700-城山ダム/しろやまだむ

城山ダムは東京都心から近く、また関東方面のレジャー好きな方なら大抵は訪れた事があろう相模湖にほど近いので、周辺道路は行楽のための自動車で大変混雑します。また天端上に国道413号線が通っており、これほど交通量の多い天端国道は国内唯一かもしれません。 / 重力式コンクリート / 75m

0698-相模原沈澱池/さがみはらちんでんち

上水道の沈澱地専用ダム「相模原沈殿地」。地図上では「横浜水道沈澱池」となっています。その名の通り、相模川から横浜まで水を運ぶための横浜水道上にあり、水中にある不純物の沈澱処理を行う施設です。県立相模原公園内にダムがあるため、「かながわの探鳥地50選」に指定され、バードウォッチングの格好のスポットになっています。/ アースダム / 18.5m

0703-宮ヶ瀬ダム/みやがせだむ

神奈川県の地域に開かれたダム。宮ヶ瀬ダムは実に大規模に開発されており、観光施設が充実しています。宮ヶ瀬湖畔園地には公園だけでなく、商店街などもあり、ここで食事をとることもできます。お土産屋さんもあり、地元の名産を購入できます。/ 重力式コンクリートダム / 156m