中部地方のダム 愛知県のダム

1231-黒田ダム/くろだだむ

2018/06/24

所在地:愛知県豊田市黒田町

下流から堤体を望む

下流から堤体を望む

まずアプローチの仕方としては非常に簡単です。名古屋方面からなら国道153号から小田木交差点を右折すれば辿り着きます。ダム自体はとても広く見学するポイントはたくさんあるので時間をかけてゆっくり見ると良いでしょう。

左岸から堤体を望む

左岸から堤体を望む

黒田ダムは揚水発電という形式の発電をしています。この一帯は大規模な2段式の揚水発電で上池とし黒田ダムがせき止める黒田貯水池、中池として富永ダムがせき止める富永調整池、下池として矢作第一ダムがせき止める矢作貯水池(奥矢作湖)から成り立っています。

堤体からダム湖を望む

堤体からダム湖を望む

取水口近辺より堤体を望む

取水口近辺より堤体を望む

天端から取水口を望む

天端から取水口を望む

ダム湖名碑

ダム湖名碑

かさ上げした痕跡

かさ上げした痕跡

何度も足を運んでいるダムなのですが、今回取材して初めて知ったことは今あるダムはかさ上げした後のダムだったということです。潰れて見にくいですが、赤い丸で囲まれたところが旧ダムの堤体の跡です。下記の諸元のほうにも旧ダムのデータを記述しておきますので、その違いを確認してみてください。

巨大なサージタンク

巨大なサージタンク

揚水発電用のサージタンクです。周辺にはいくつものこんな大きなタンクがあります。

導水路トンネルに関する石碑

導水路トンネルに関する石碑

この下にどうやら導水路トンネルがあるようです。

ヘビ出現!

ヘビ出現!

山なので当然ヘビなんか出ます。

ダム諸元


形式重力式コンクリートダム
堤高45.2(35)m
堤頂長332.0(157)m
堤体積145,000(40,700)m3
非越流部標高E.L.868m


集水面積7.65km2
総貯水容量11,050,000(4,528,600)m3
有効貯水容量10,100,000m3
完成年1978(1933)年

その他の設備/所感

駐車場すべてに丸がついているのにとても閑散としたダムです。
PR展示館は小田木交差点にある「揚水発電館」というものですが見学者はほとんどいません。
(2005年に閉鎖されました)
堤体自体もほとんどいないのでゆっくりと見学できます。
個人的にとても好きなダムで稲武方面へドライブに行ったときには
必ずといって良いほど行くダムなので、もし私がいたら声をかけてくださいね(笑)
あ、展示館は写真を撮り忘れました^^;
トイレ
公園
PR展示館×
Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

-中部地方のダム, 愛知県のダム
-, ,