「愛知県のダム」 一覧

1237-大原調整池/おおばらちょうせいち

1237-大原調整池/おおばらちょうせいち

東名高速の三ヶ日インターと豊川インターの間にありますので、たぶんダムに興味のない方でも、高速を通ったことのある方なら「あ、あれか」と思われるでしょう。それがこの大原調整池です。地図上では大原ダムと記載されていることもあります。大原調整池は豊川用水の調整池としての役目があります。 / ロックフィルダム / 47.9m

1220-三好池/みよしいけ

ダム本体は小さいのですが、ダム湖はそれに比して広いです。ダム湖はカヌーの練習場になっており、時折大会も開かれるようです。カヌーだけでなく、体育館も隣接され、この一体が総合運動公園として計画されている事が伺えます。/ アース / 19.7m

1227-矢作第2ダム/やはぎだいにだむ

矢作第2ダムは矢作第1ダムより下流側に設置されています。湖岸の道路は走り屋さんやバイカーさんがたくさん走るので、毎回駐車するのに躊躇してなかなか撮影できなかったのですが、思い切って撮影しました。前日までの大雨でダム湖の水はとても濁っています。/ 重力式コンクリート / 38m

1108-矢作ダム/やはぎだむ(矢作第1ダム/やはぎだいいちだむ)

ツーリングの時期はバイクがとても多く、ここ最近のダムブームによって見学者もかなり増えてきています。堤体は自動車も通行可能で、橋としての役割も果たしています。そう言えば、春ごろにダムの近くで「イノシシ」を見かけたことがあります。くれぐれもご用心を・・・。/ アーチ / 100m

0000-日影ダム/ひかげだむ

砂防ダムにしては比較的大きく、地図にも載っているぐらいです。場所はなかなか説明しづらい場所にあります。豊田市からなら、国道301号線を東進し、松平の辺りで滝脇に通じる市道へ右折してT字を左折、1本目を左折、更にT字を右折して後は直進です。/ 重力式コンクリート

0000-明治用水頭首工/めいじようすいとうしゅこう

頭首工とは農業用水のための取水施設のことを言い、さらに明治用水頭首工は堤高が14.5mなので、厳密な意味(河川法で定義された)での「ダム」ではありませんが、載せようと思いました。/ 重力式コンクリート / 14.5m

0000-笹戸堰堤/ささどえんてい

笹戸堰堤はここから6~7kmほど下流の笹戸発電所へ導水するための取水堰です。したがって、笹戸堰堤の「笹戸」は、地名ではなく発電所の名前から付けられたようです。その証拠にこの周辺は「小渡」という地域になります。/ 重力式コンクリート

1204-馬ヶ城ダム/うまがじょうだむ

ダム便覧を見ていると、瀬戸市に市営のダムがあることを発見。しかも某マスターが行けなかったと聞きつけ、走りなれた道をすっ飛ばし、行ってきました馬ヶ城ダム。愛・地球博にダムバージョンがあって、私が博覧会協会会長ならここを万博会場にするだろうと思われるダムでもあります。/ 重力式コンクリート / 16.6m

1242-入鹿池/いるかいけ

こんな所にもダムがあったのかぁ!と正直驚きました。愛知県で育った人なら社会見学で大抵訪れると言う「明治村」の隣にこのダムはあります。なお、ダム見学の際に明治村の入園料は要りませんのでご安心ください。/ ロックフィル / 25.7m

0000-百月ダム/どうづきだむ

百月ダムへは豊田市からなら国道153号線を足助方面へ走り、平戸橋は渡らずに真っ直ぐ県道11号線を北上してください。堤高が15mも無いので、狭義としてのダムではありません。/ 重力式コンクリート