「中部地方のダム」 一覧

1168-畑薙第1ダム/はたなぎだいいちだむ

黄昏色に染まった堤体が黄泉の世界を想像させる。畑薙第一ダムまで来ると、すっかり周囲が黄昏色に染まり、いよいよ大井川水系のダム巡りも最後となります。ここまで来ると、いっそう秘境というか辺境というか・・・。黄昏色に染まった堤体が黄泉の世界を想像させます。って、あの世に行ってまでもダムかよ。/ 中空重力式コンクリートダム / 125m

0975-深城ダム/ふかしろだむ

厚い人情と蜂に出逢えるダム。深城ダム。

3107-葛野川ダム/かずのがわだむ

トンネルの先にある、白亜のダム。葛野川ダム。とても静かでひっそりとしていていました。トンネルや地下発電所建設で掘削の際に出た岩石を骨材として造られたダムで、山の奥地にあっては環境に配慮したダムとなっています。/ 重力式コンクリートダム / 105.2m

3106-上日川ダム/かみひかわだむ

揚水式発電の上部ダム。下部ダムとの有効落差は世界一!しかも日本一の富士山が望めるダム。上日川ダム。

0969-雨畑ダム/あまはただむ

日本軽金属株式会社という私企業が所有するダム。それにしても堤体直下からのこの姿、大満足です。下流が静かで波も立たないので、堤体が水鏡のように映っているのです。この対比が実に素晴らしい。行くまでが大変ですが行く価値は十分にあります。 / アーチダム / 80.5m

1167-畑薙第2ダム/はたなぎだいにだむ

大井川の天王山ダム。果てしなく遠いです。そして、果てしなく道が悪いです。その為、ここまで来ると運転の疲れもピークに達しますので、少しでも疲れを感じたら必ず休憩を!道が繋がっていませんので、この先の畑薙第一ダムでUターンする事になります。今来た荒れた道を戻る訳ですから、ここまで来るとそれなりの覚悟が必要です。何が起きても自己責任・・・。/ 中空重力式コンクリートダム / 69m

1178-長島ダム/ながしまだむ

国家直轄の白亜の居城は地域に開放された!長島ダムは「地域に開かれたダム」として、一般的なダムと比べ、より開放的なダムとなっています。長島ダムの名前は知っていたのですが、あまり前もって調べていなかったので、これほど見どころ満載なダムだとは思いもよりませんでした。見学する時は、時間に余裕を持った方が良いです。/ 重力式コンクリートダム / 109m

0000-長島貯砂ダム/ながしまちょさだむ

長島貯砂ダムは大井川鐡道南アルプスあぷとラインに乗車しないと見れないダムです。しかし河川側と山側の座席があるので、河川側のシートに座るのがベストです。私は往路も復路も山側でした・・・。行楽シーズンを外して行くのが最も良い選択です。/ 重力式コンクリートダム

1161-奥泉ダム/おくいずみだむ

チラリズムダム。大井川ダムや寸又川ダム同様、地図を見る限り道路と堤体が離れていたので、経験則から見るのを半分諦めていた奥泉ダム。しかし長島ダムから井川ダムに向かう途中、突然「奥泉ダム↓」というような看板を見つけ、怪しげな坂道でしたがとりあえず坂を下りてみることに・・・。/ 重力式コンクリートダム / 44.5m

1162-井川ダム/いかわだむ

大井川大聖堂「井川ダム」。井川ダムは国内最初の中空重力式コンクリートダムであり、型式としては畑薙第一ダムに次ぐ堤高のダムです。/ 中空重力式コンクリート / 103.6m