ダムニュース

【速報】日本ダムアワード2017結果発表!

「日本ダムアワード2017」が渋谷の東京カルチャーカルチャーにて12月17日(日)に開催され、放流賞・低水管理賞・イベント賞・洪水調節賞・ダム大賞の各賞が発表された

まずは各賞のノミネートを紹介しよう。

■放流賞ノミネート

  1. 浅川ダム(長野県)
  2. 馬ケ城ダム(愛知県)
  3. 豊稔池(香川県)
  4. 井関池(香川県)
  5. 高山ダム(京都府)
  6. 丸山ダム(岐阜県)
  7. 室生ダム(奈良県)
  8. 岩屋ダム(岐阜県)
  9. 宮ヶ瀬ダム(神奈川県)

■低水管理賞

  1. 嘉瀬川ダム
  2. 相模川水系総合運用

■イベント賞

  1. 下久保ダム(埼玉県/群馬県)
  2. 比奈知ダム(三重県)
  3. 八ッ場ダム(群馬県)
  4. 天竜川3ダム(松川ダム美和ダム小渋ダム)(長野県)

■洪水調節賞

  1. 布目ダム(奈良県)
  2. 玉川ダム(秋田県)
  3. 勝本ダム・男女岳ダム(長崎県)
  4. 殿山ダム(和歌山県)
  5. 寺内ダム(福岡県)

■結果発表

放流賞(もっともダムファンの心に残った放流は!?):丸山ダム(岐阜県)
本格的に新丸山ダムの工事が始まるため、頻繁に見ることができた全門放流がそろそろ見納めとなる。

低水管理賞(もっとも渇水に耐えた印象が強いダムは!?):相模川水系総合運用(神奈川県)
4ダムが連携して神奈川県の渇水から守ったことが評価された。

イベント賞(もっともファンが歓喜したイベントを開催したダムは!?):八ッ場ダム(群馬県)
民主党政権時の逆風が終わり、今年は様々な見学会を行った取り組みが評価された。

洪水調節賞(大雨と最も印象的な戦いをしたダムは!?):勝本ダム・男女岳ダム(長崎県)
壱岐島にある小規模なダムではあったが、ダムとしてしっかりと機能・活躍されていたことが評価された。

2017ダム大賞(今年もっとも人々の記憶に残ったダムは!?):寺内ダム(福岡県)

寺内ダムは今年、たいへんな被害にあった福岡の豪雨にあって、被害を防いだことが評価に繋がった。

各賞を受賞したダム(組織)には心からおめでとうを言いたい。また、ぜひこれらのダムに訪問して受賞を祝っていただきたい。

主催した萩原さん他、プレゼンターのみなさん、バックヤードの集計係のみなさん、選考委員会の方々、お疲れ様でした。ありがとうございました。

なお、これまでの受賞歴などは公式ホームページを参照されたい。
日本ダムアワード公式ホームページ

-ダムニュース