カ行ダム入門ダム用語

計画高水流量

この記事は約1分で読めます。

読み方 : ケイカクタカミズスイリョウ/ケイカクコウスイリュウリョウ
別名 : ―

計画高水流量とは、基本高水流量に対しダム建設後、ダムで洪水を調節した際の河川流量のことを示す。つまり、基本高水流量からダムなどの洪水調節施設での洪水調節量を差し引いた流量が計画高水流量となる。

計画高水流量を河道断面図として表示させた水位を計画高水位という。水位としては水害に備えて水防団などが出動する警戒水位よりも高く、堤防の高さよりも低い水位となる。河川の堤防工事の基準にもなり、その堤防が耐えられる最高水位となる。

この読みも基本高水流量と同じく「高水」を「こうずい」と間違えて読まないように「たかみず」と呼ぶ。

この記事を書いた人
神馬シン

福澤桃介をこよなく愛するダム愛好家/ダムペディア・ダムニュース管理人/(一財)日本ダム協会公認ダムマイスター(01-018)/放流注意グッズの販売はじめました→https://shop.dampedia.com

ダムペディアをフォローする
ダムペディア :: dampedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました