カ行ダム入門ダム用語

洪水吐

この記事は約1分で読めます。

読み方 : コウズイバキ
別名 : コウズイバケ・バキ(略)

洪水吐とは、ダム湖の水を下流に流すためのゲート設備の事。流入部・導流部・減勢工を総称して洪水吐と呼ぶ。また洪水吐には「常用洪水吐」と「非常用洪水吐」の2種類がある。

なお「非常用洪水吐」は「非常用」ではなく「常用ではない」という意味である(つまり「非・常用」)。

一時期ネットで流行したいわゆる「ダム穴」はダム湖内に立坑を設置し、その呑口が朝顔のように見えるためモーニンググローリー型洪水吐や朝顔型洪水吐とも呼ばれるが、立坑型洪水吐(タテコウガタコウズイバキ)が正式名である。

この記事を書いた人
神馬シン

福澤桃介をこよなく愛するダム愛好家/ダムペディア・ダムニュース管理人/(一財)日本ダム協会公認ダムマイスター(01-018)/放流注意グッズの販売はじめました→https://shop.dampedia.com

ダムペディアをフォローする
ダムペディアをフォローする
ダムペディア :: dampedia
タイトルとURLをコピーしました