「ダム入門」 一覧

no image

選択取水

2009/10/28   -サ行, ダム入門, ダム用語

選択取水とは、深度によって温度や濁り具合が異なるダム湖の水を、目的に応じて取水する事。例えばダム湖表面の水は太陽に照らされる事により温かくなっているため、この水のみを取水して稲の生育などのために農業用水として利用される。選択取水の方法としては、選択取水設備が堤体に付属したり、ダム湖内に設置されるなどしており、この設備から各層の水を取り入れ下流へと流下させる。

no image

設計洪水位

2009/10/28   -サ行, ダム入門, ダム用語

設計洪水位とは、ダムが存在する時期に、200年に1回程度(または既往最大洪水流量)発生すると予想される最大の洪水が発生した時のダム湖の水位の事。ゲートは全開になっているものと想定され、自然現象として想定される最高の水位として考慮される。

no image

水利権

2009/10/27   -サ行, ダム入門, ダム用語

水利権とは、河川などの水を利用するための権利の事。ダムに関しては、農業用水、水道用水、工業用水などに分かれる。水利権には慣行水利権と許可水利権に大別されるが、前者は河川法成立以前(明治29年以前)に取水を行っており、それが社会的に認知されていれば届出は不要であり、対して後者は河川法に基づいて河川管理者(国や地方自治体)から許可を得る必要がある。

no image

常用洪水吐

2009/10/25   -サ行, ダム入門, ダム用語

常用洪水吐とは、ダム湖の水を下流に流す為のゲート設備の中でも、調節しながら流下させるゲートの事。通常の洪水調節時に利用されるが、常用洪水吐で吐けないほどの規模の大きな洪水時には非常用洪水吐が用いられる。常用洪水吐は一般的にはゲートが設置されるが、ゲートが無く穴になっているものも見受けられる。

no image

常時満水位

2009/10/23   -サ行, ダム入門, ダム用語

常時満水位とは、平常時(非洪水時)に利水目的(水道、かんがい、工業用水等)に使用するためのダム湖に貯める事が出来る最高の水位の事。この水位から最低水位までを利用できる。各ダムには操作規則が設定されており、常時満水位は各ダムの標高によって定められ、この水位を基準としてゲートなどの操作の規則が設けられている。

重力式コンクリートダム

2009/10/20   -サ行, ダム入門, ダム用語

重力式コンクリートダムとは、コンクリートで出来たダムの事で、堤体そのものの自重で水圧を支える事ができるダムである。建設にはコンクリートを大量に必要とし、基礎岩盤がかなり強固な岩盤でないと建設に適さない。数種類あるダムの型式の中ではもっとも堅牢なダムで、地震や洪水への耐久性も高い。

重力式アーチダム

2009/10/19   -サ行, ダム入門, ダム用語

重力式アーチダムとは、重力式コンクリートダムとアーチ式コンクリートダムの双方の利点を備えたダム。アーチダム建設のように強固な岩盤が必要ではない上に、重力式コンクリートダム建設のようにコンクリートを大量に必要としない、という利点である。

no image

死水容量

2009/10/19   -サ行, ダム入門, ダム用語

死水容量とは、堆砂容量の最上面と最低水位の間の容量の事で、一定の水位を保持する目的で設定されている。死水自体は利水の対象ではなく、水位自体も取水口よりも下の水位である事から、異常渇水時などに緊急的にポンプで汲み上げるような際に利用される。

no image

試験湛水

2009/10/17   -サ行, ダム入門, ダム用語

試験湛水とは、ダムが完成した後にダムに問題がないかをチェックするための試験で、サーチャージ水位まで貯めてから最低水位まで減らして実施する。水圧に耐えられるかどうか、また堤体から漏水が無いかどうかを調べるためのものであり、試験湛水は言うなればダム建設における天王山である。

no image

最低水位

2009/10/16   -サ行, ダム入門, ダム用語

最低水位とは、ダムの堆砂容量を水平であると仮定し、その堆砂上面の水位の事をいう。この水位より上の水位から利水などに利用できる。逆に言えばこの水位より下の水は利用できないため、ほとんどの場合においてこの水位より下には取水口が無い事になる。

no image

サーチャージ水位

2009/10/14   -サ行, ダム入門, ダム用語

サーチャージ水位とは、Surchargeは「過載」とか「オーバーロード」の意味で、洪水時にダム湖に限界まで一時的に水を貯める事ができる水位の事。概ね100年に一度の確率で発生するような洪水時を想定した水位となる。試験湛水の際にはこの水位まで貯水して、徐々に水位を下げて試験を行う。

no image

コンジット

2009/10/13   -カ行, ダム入門, ダム用語

洪水の調節や下流への放流用に設置する管の事。ダムの底部にある穴を総称してコンジットと呼ぶ事がある。本来のコンジット(conduit)の意は「導管」であり、堤体中を貫通して設けられる事からこう呼ばれる。またコンジットにはゲートが設けられ、これをコンジットゲートと呼ぶ。コンジットゲートは比較的通常の放流時に常用洪水吐として使用される。

no image

骨材

2009/10/10   -カ行, ダム入門, ダム用語

骨材とは、ダムを建設するためコンクリートの原料となるもの。骨材には砂、砕砂、砂利、砕石が主に用いられる。また骨材には、10mmのふるいを全部通り、5mmのふるいを重量で85%以上通過したものを細骨材、5mmのふるいに重量で85%以上とどまるものを粗骨材として区別されている。

no image

洪水容量

2009/10/10   -カ行, ダム入門, ダム用語

洪水容量とは、常時満水位もしくは洪水期制限水位からサーチャージ水位までの容量をいう。

no image

洪水吐

2009/10/07   -カ行, ダム入門, ダム用語

洪水吐とは、ダム湖の水を下流に流すためのゲート設備の事。流入部・導流部・減勢工を総称して洪水吐と呼ぶ。また洪水吐には「常用洪水吐」と「非常用洪水吐」の2種類がある。一時期ネットで流行したいわゆる「ダム穴」はダム湖内に立坑を設置し、その呑口が朝顔のように見えるためモーニンググローリー型洪水吐や朝顔型洪水吐とも呼ばれるが、立坑型洪水吐(タテコウガタコウズイバキ)が正式名である。