埼玉県のダム

0642-浦山ダム/うらやまだむ

5.0
0642-浦山ダム/うらやまだむ埼玉県のダム
この記事は約5分で読めます。

取材日:2013/07/15(月)

有間ダムから秩父市内に入り昼食を取ろうにもどこもいっぱいで、移動しながらなら何かあるだろうと思いながらふらふらと浦山ダムまでやってきました。家族も一緒ですがクルマの中で待機するというのでぼくだけ撮影しに回ります。(つまり家族を放置してゆっくりダム見学できない状況💦)

右岸より堤体下流面を望む

浦山ダムは下流から見ることができることを知っていましたが先に天端に行くことにしました。

右岸より堤体下流面を望む
右岸より堤体下流面を望む

浦山ダム防災資料館「うららぴあ」

家族をクルマに置き去りにしているので、今回は資料館内部の見学はパス。

浦山ダム防災資料館「うららぴあ」
浦山ダム防災資料館「うららぴあ」

右岸より天端を望む

天端がかなり広く宮ヶ瀬ダムの天端を彷彿とさせます。浦山ダムではこれまでに何度か「進撃の浦山ダム」という痛車&コスプレイベントが開催されていますが、天端に痛車をズラリと並べることが出来るぐらいの広さがあります。

右岸より天端を望む
右岸より天端を望む

右岸のダム湖名石碑

ダム湖名は秩父さくら湖。秩父には桜の名所が多いそうでその名がつけられたそうです。

右岸のダム湖名石碑
右岸のダム湖名石碑

右岸より堤体上流面を望む

堤体にアーチ状の意匠が施されていますが、秩父の象徴とも言える旧秩父橋をモチーフにデザインされています。ちなみに旧秩父橋はアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の聖地としても知られています。

右岸より堤体上流面を望む
右岸より堤体上流面を望む

選択取水塔・エレベーター塔

このあたりはどことなく水資源機構らしい雰囲気があります。

選択取水塔・エレベーター塔
選択取水塔・エレベーター塔

左岸より非常用洪水吐を望む

浦山ダムの非常用洪水吐はゲートのない自由越流式となっています。

左岸より非常用洪水吐を望む
左岸より非常用洪水吐を望む

天端よりダム湖を望む

浦山川を浦山ダムによって堰き止められてできた秩父さくら湖。浦山川を遡上する感じで県道を通ると有間ダムに繋がります。ただ地図を見た限りではかなりのワインディングのようでしたので、家族が車に酔うのを恐れてあえてそのルートは使いませんでした。

天端よりダム湖を望む
天端よりダム湖を望む

左岸より天端を望む

水資源機構が所有する堤高156mのダムという規模の大きさもあってか、見学に訪れるお客さんの数もそこそこありました。

左岸より天端を望む
左岸より天端を望む

左岸より堤体上流面を望む

左岸手前のダム湖に沈んでいるコンクリート構造物が気になります。何でしょうね。

また、堤体上流面に左岸から選択取水設備に繋がるようにして設置されているパイプは、清水せいすいバイパスの一部で上流から貯水池に入る手前できれいな水を取水して、選択取水設備から放流する濁水処理のための設備です。

左岸より堤体上流面を望む
左岸より堤体上流面を望む

左岸アバットメント

左岸アバットメントには巨大なダム名を記した岩石が設置されています。それも「水資源開発公団」としての貴重な名称です。手前にあるコンクリートの構造物は謎ですが、奥にはリムトンネルがあります。また、さくら弁財天という名称の弁天さまが祀られています。

左岸アバットメント
左岸アバットメント

こんな感じで奥にリムトンネルが

奥にリムトンネルへの扉が見えます。

こんな感じで奥にリムトンネルが
こんな感じで奥にリムトンネルが

休憩所とトイレ

すごい立派な休憩所とトイレです。ちょっとした催し物に使えそうです。

休憩所とトイレ
休憩所とトイレ

水からの潤いを

周囲の山々は命の水を育む源であることから、後世に永遠の恵みを願って工事関係者によって桜の植樹がなされ石碑を建てたとのことです。水を大切に。

水からの潤いを
水からの潤いを

左岸より堤体下流面を望む

下流面にも旧秩父橋の意匠が施されています。しっかりと奥行きがあるため、かなり立体的に造作されているのが分かります。最近のダムでは予算の都合もあってなかなかここまでデザインできないでしょうね。

左岸より堤体下流面を望む
左岸より堤体下流面を望む

フーチング階段入口

浦山ダムではフーチングの階段が見学用に普段から解放されています。が、右岸の駐車場に家族が乗った車を止めているため戻らなくてはなりません。決して階段を往復したくないからではありませんよ?あー、あー、残念、残念。

フーチング階段入口
フーチング階段入口

天端より下流を望む

156mは高いし怖いですね。でもこの怖さがダムの魅力の一つだったりするんですよね。

天端より下流を望む
天端より下流を望む

エレベーター出入口

もちろん階段だけでなくエレベーターも解放されています。下流まで往復する際に、降りる時は階段、登る時はエレベーターという使い方もできますね。

エレベーター出入口
エレベーター出入口

右岸の浦山ダム管理所

右岸まで戻ってきてのダム管理所。立派できれいな管理所です。

右岸の浦山ダム管理所
右岸の浦山ダム管理所

下流の駐車場より堤体下流面を望む

下流側にやってきました。どーんと堤体を仰ぎ見ることが出来るのはかなりの高ポイントですね。どうぞ見て見て!と浦山ダムが言っているかのようです。

下流の駐車場より堤体下流面を望む
下流の駐車場より堤体下流面を望む

利水放流設備

この日は放流していませんでしたが、選択取水設備から取り込んだ水を放流するための設備です。ジェットフローゲートで右側の太い方が40㎥/sを放流する主管、左側の細い方が2㎥/sを放流する分岐管になります。

利水放流設備
利水放流設備

エレベーターとフーチング階段出入口

この初めての訪問の際もそうですが、ダム協会のイベントで2回目の訪問の際もじっくり見学できなかったのでいつかはちゃんと見学したいですね。

エレベーターとフーチング階段出入口
エレベーターとフーチング階段出入口

直下から仰ぎ見る浦山ダム

浦山ダムの巨大さや雄大さを直に感じることができるポイントがここ。放流時もここまで来ることができるのでしょうか。

直下から仰ぎ見る浦山ダム
直下から仰ぎ見る浦山ダム

神奈川の宮ヶ瀬ダムと広島の温井ダムと同じ堤高であることから「花の156m組」とも呼ばれる浦山ダム。色んな角度から観ることのできる浦山ダムはおすすめ度MAXの5.0。秩父に行ったらぜひ見学しましょう。

浦山ダム諸元

所在地埼玉県秩父市荒川上田野
河川名荒川水系浦山川
目的F(洪水調節、農地防災)
N(不特定用水、河川維持用水)
W(上水道用水)
P(発電)
型式G(重力式コンクリートダム)
堤高156m
堤頂長372m
堤体積1,750,000㎥
流域面積51.6km2
湛水面積120ha
総貯水容量58,000,000㎥
有効貯水容量56,000,000㎥
ダム事業者関東地建→水公団一工
本体施工者飛島建設・間組・竹中土木
着手年1972年
竣工年1998年
ダム湖名秩父ちちぶさくら

その他の設備/所感

駐車場
トイレ
公園×
PR展示館
釣り○(禁漁区を除く)

浦山ダム周辺の地図

浦山ダム周辺の天気

浦山ダムに近いと思われる宿泊施設

この記事を書いた人
神馬シン

福澤桃介をこよなく愛するダム愛好家/ダムペディア・ダムニュース管理人/(一財)日本ダム協会公認ダムマイスター(01-018)/放流注意グッズの販売はじめました→https://shop.dampedia.com

ダムペディアをフォローする
ダムペディアをフォローする
ダムペディア :: dampedia
タイトルとURLをコピーしました