北陸地方のダム 福井県のダム

0943-山原ダム/やんばらだむ

2017/07/01

所在地:福井県大野市後野(取材日:2010/07/30)

右岸下流より堤体を望む

右岸下流より堤体を望む

福井ってひと昔前はずいぶんと遠いイメージでしたが、東海北陸自動車道や油坂峠道路ができたおかげでホント近くなりました。名古屋からだとさらに名古屋高速一宮線も繋がったので、自宅から2時間とかからず辿り着けます。

で、本題のダム。山原ダムは電源開発所有の発電専用のダムで、下流の湯上発電所で水力発電されています。

右岸下流より洪水吐・ゲート・魚道などを望む

右岸下流より洪水吐・ゲート・魚道などを望む

コンパクトにいろいろ纏められてる感じです。ゲートも細長いですし。魚道はコンクリートが新しいので、最近補修されたような感じですがどうでしょう。

右岸下流より堤体を望む

右岸下流より堤体を望む

堤体のほとんどが自然越流式の非常用洪水吐になっています。ここから放流されていたら、さぞかし美を感じ取る事ができるのでしょうね。この感じは群馬県奥利根の小森ダム(0598-小森ダム/こもりだむ)を彷彿とさせるダムです。

右岸より天端を望む

右岸より天端を望む

残念な事に容易に進入できる道路側に構造物があるため、天端は拝めません。まぁ、こればかりは仕方がありません。

右岸の天端入口

右岸の天端入口

こんな感じでさらにお近づきになれません。

右岸より減勢工を望む

右岸より減勢工を望む

洪水吐の先端のカーブ具合が良いですね~。ここでしばらく見惚れてしまいました~。その先のコンクリートブロックの荒れっぷりの対比がまた良い。

右岸より下流を望む

右岸より下流を望む

この先を右に進むと「道の駅九頭竜」があり、左に進むと鷲ダム(0944-鷲ダム/わしだむ)や九頭竜ダム(0942-九頭竜ダム/くずりゅうだむ)があります。

ダム諸元

河川名 九頭竜川水系石徹白川
目的 発電
型式 重力式コンクリートダム
堤高 23m
堤頂長 114.6m
堤体積 23,000m3
流域面積 142.7km2
湛水面積 13ha
総貯水容量 900,000m3
有効貯水容量 ―m3
ダム事業者 電源開発(株)
本体施工者 前田建設工業
着手年 1965年
竣工年 1968年

その他の設備/所感

駐車場 × 山奥ですが片側1車線の比較的広い道沿いにあり、
交通量も多くないため静かなダムです。
冬になれば雪がかなり積もると思われますが、
そんな時期の山原ダムにも訪れてみたいですね。
トイレ ×
公園 ×
PR展示館 ×
釣り ×

山原ダムに近いと思われる宿泊施設

山原ダムに関連するかもしれない動画

Summary
Review Date
Reviewed Item
山原ダムは電源開発所有の発電専用のダムで、下流の湯上発電所で水力発電されています。堤体のほとんどが自然越流式の非常用洪水吐になっています。ここから放流されていたら、さぞかし美を感じ取る事ができるのでしょうね。洪水吐の先端のカーブ具合が良いですね~。
Author Rating
51star1star1star1star1star

-北陸地方のダム, 福井県のダム
-,