翻訳サービスを変更したため他の言語に切り替えても一部が日本語のままになっています。逐次翻訳していますのでご了承下さい。
長野県のダム

1031-内村ダム/うちむらだむ

3.5
長野県のダム
この記事は2分で読めます。

鹿教湯(かけゆ)温泉の近くに位置するダム。

所在地:長野県上田市鹿教湯温泉字アラト沢

親水広場から堤体を望む

内村ダムは黒部ダム取材時、宿泊地を湯治場で有名な鹿教湯(かけゆ)温泉にしたのですが、その近くにあります。天気があまり良くなかったからかもしれませんが、えらく暗い印象を受けました。

親水広場から堤体を望む

内村ダムへは長野県松本市から国道143号線を北上、更に国道254号線を東へ進み、有料の三才山(みさやま)トンネル(\500)を使用して料金所を過ぎたら左ですが、堤体へ行くには一つ目の看板を左折しないでください。そちらはダム湖や公園にしか道が通じていません。2つ目の看板を左折してください。三才山トンネルからだと、かなり東に進んでから左折して西に戻る感じになります。

右岸より堤体(下流側)を望む

下流には親水広場があります。見た目にはきれいな水なのですが、なぜかちょっと臭うので、水の中に入って遊ぼうと言う気にはなりそうにもありません。地図を見る限りでは山に囲まれているので、さぞかし風光明媚なところなんだろう、と思っていましたがちょっと気後れしてしまいました。

右岸より堤体(下流側)を望む

右岸よりダム湖を望む

黒いです。曇天とは言え、このダム湖の黒さは何!?という感じです。ダム湖の名前は「鹿鳴湖」とハイカラ(死語)な名前が付いています。

右岸よりダム湖を望む

堤体より放水路を見る

コンジットゲートからの放流のように見えますが、正面から見ると自然越流のようにも見えます。謎です・・・。

堤体より放水路を見る

堤体より下流を望む

さらに視線を下流の方に向けるます。向こうの山の谷の奥に鹿教湯温泉街があります。

堤体より下流を望む

左岸より天端を望む

向こうに管理所が見えます。さらに右上には三才山トンネル道路に通じる橋が見えます。

左岸より天端を望む

ダム諸元

形式重力式コンクリートダム
目的洪水調節、農地防災、不特定用水、河川維持用水、上水道用水
堤高51.3m
堤頂長265m
堤体積187,000m3
流域面積13km2
湛水面積16ha
総貯水容量2,000,000m3
有効貯水容量1,600,000m3
ダム湖名鹿鳴湖
河川名信濃川水系内村川
着手年1972年
竣工年1985年

その他の設備/所感

鹿教湯温泉はとても雰囲気があるところでしたが、あまり若者向きではないです。でも古い物好きな人には良いかも。五台橋、文殊堂、薬師堂など夜に行ってもライトアップされていて、良い雰囲気です。ただ虫が多いのが気になりました。6月末辺りに蛍が見れる水路もあります。・・・って、ダムじゃなくて観光情報になってしまいました。

駐車場
トイレ
公園
PR展示館×
この記事を書いた人
神馬シン

福澤桃介をこよなく愛するダム愛好家/ダムペディア・ダムニュース管理人/(一財)日本ダム協会公認ダムマイスター(01-018)/放流注意グッズの販売はじめました→https://shop.dampedia.com

ダムペディアをフォローする
ダムペディア :: dampedia

コメント

タイトルとurlをコピーしました